地理情報サービス製品紹介 for 東邦地形社 本文へジャンプ

(株)東邦地形社HPトップ


サイトマップ

GIS関連製品のご紹介

東邦地形社のGIS関連製品について
東邦地形社のGIS関連製品郡は、地理情報システム(GIS)を中心とした官公庁向けの製品として開発いたしました。
実務に即したカスタマイズを実施することにより、効率的で扱いやすいアプリケーションとすることが出来ます。(対象となる地域が異なるため、住所データベースや地図データ等、最低限のカスタマイズが必要となります)

開発後の保守サポートも充実しており、現場の要望/状況の変化に即座に対応し、絶えず進化するアプリケーションとして、お役に立てると確信しております。
また、ご紹介させていただいているGIS関連製品とは異なったシステムやお役立ちツール等の開発についても対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

ご相談およびご質問は、以下のメール/FAXにて受付しております。

【連絡先】
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前六丁目19番3号 東邦ビル7F
 TEL : 03-3400-1486(代)  FAX : 03-3400-1822
 E-Mail : workshop@tohogis.co.jp

GIS関連製品
システム化の特長と導入効果
  1. 閲覧・窓口業務に特化したシステム
    • 窓口での閲覧業務(応対)をそのまま電子化してシステム化
    • 理解が得やすく、導入効果が明確
    • 接客の差別化が図れ、窓口担当者様は、専門的、技術的な応対に専念できる

  2. タッチパネルを標準採用
    • 利用者の操作性が飛躍的に向上
    • 高齢者やパソコンに不慣れな方でも簡単に利用できる
      アイリス トップ画面

  3. 「ワン画面、ワン操作」が基本
    • 画面をワンタッチするだけで、操作が進み画面が切り替わる

  4. カスタマイズによる独自性

  5. データ管理機能も実現可能
    • リアルタイムなデータ管理ができる。
    • データの登録、修正、削除が可能(一部データを除く)
      アイリス メインメニュー画面

  6. デジタル住宅地図とGISエンジンについて
    • ゼンリン、昭文社などの各社のデジタル地図に対応
    • 各種GISエンジンにての開発も可能ですので、既存導入(または検討中)のGISエンジンでの拡張開発も可能

  7. 充実、そして信頼のトータルサポート
    信頼
    • 稼動までを完全サポート
      • 紙図面のデジタル化、初期登録作業などを代行
      • 説明会、講習会などを実施し、導入担当者様をサポート
      • 稼動に向けての周知、準備作業をサポート
    • 保守メンテナンスにより稼動後も安心サポート
      • 稼動後は、保守契約によりシステムの維持管理を行います
    • 導入サポートシステムによりお客様の導入決定から稼動までの工期を短縮
      • そして、保守メンテナンス契約により確実な稼動とその維持管理を確実にバックアップします

  8. 拡張性について
    • 印刷用コインキットなどによる完全セルフサービス化
    • 他部署との連携やデータの共有
    • 全庁型GISへの拡張
    • インターネットによる情報公開

このページのトップへ ▲


各製品 概略説明

統合道路情報システム(IRIS)


IRISシリーズの中心システムとして開発されたパッケージソフト。
窓口閲覧業務の効率化を目的としたシステムで「閲覧ツール」と「管理ツール」で構成されています。
「閲覧ツール」では境界確定図/道路台帳平面図/路線図/公共基準点等のデータを住所または地図上から検索し、表示・印刷が可能です。
「管理ツール」では、職員によるデータ更新が可能となっており、常に最新のデータを閲覧業務に供することができます。  
統合道路情報システム(IRIS)
 

譲与管理システム(IRIS)


法定外公共物譲与申請システムとして開発したパッケージソフト。
公図上に譲与対象の描画と属性情報の登録を行い、申請時に応じて特定図等添付資料の出力が可能です。
管理区域の所有権情報を登録することで、敷地構成情報の管理ソフトとして利用することも可能です。  
譲与管理システム
 

浸水実績システム(IRIS)


浸水被害のデータやハザードマップを対象とした窓口閲覧業務用のパッケージソフト。
年度毎の雨量実績や浸水被害実績データを住宅地図上に登録するので、住所および地図からの検索・情報表示が可能です。
印刷では被害情報のほか地図情報も合わせて出力されます。
データの蓄積により、被害多発地域の対策のための基礎資料として活用できます。  
浸水実績システム
 

道路占用・屋外広告物管理システム(IRIS)


道路占用物・屋外広告物の地図位置と調書の一元管理を実現し、各種問い合わせに対する迅速な検索、属性情報の表示ができます。
占用期間、種別などに応じた表示など視覚的な維持管理が実現できます。
占用期間終了通知、継続案内などの占用者管理ができます。
指定書式、台帳印刷ができます。
データの登録、更新ができる管理機能つきです。
道路占用物管理システム
 

都市計画システム(IRIS)


都市計画に基づく用途地域、その他の地域計画のうち防火地区、準防火地区、特別用途地区をデータ化し、電子住宅地図の住所から指定の場所の閲覧ができます。
用途制限(建ぺい率/容積率、高さ制限など)も含め詳細情報(テキスト)の閲覧、印刷ができます。
開発登録簿の閲覧、印刷機能もあります。  
都市計画システム
 

住民の声(VoiceNet)


“Voice Net”は、幅広い「住民の声」を行政に反映できる公聴システムで、あらゆる行政部署で導入をご検討いただける、住民を顧客に置き換えた“行政向け顧客管理システム”です。
住民からの苦情、相談、問合せなどの“住民の声”とその対応(ノウハウ)をデータとして蓄積し、「住民の声データベース」を構築できます。
電子住宅地図の利活用により、視覚的管理&客観的分析ができます。
処理状況追跡機能による最新状況把握管理ができます。
住民の「属性」や「相談履歴」をデータベースとして構築できます。  
住民の声
 

道路掘削申請管理システム


道路掘削工事の申請から工事完了までの管理システムです。
電子住宅地図の位置情報と工事内容、通行止め有無、工事履歴、掘削制限、道路舗装種別などの属性情報を一元的に管理できます。  
掘削申請管理システム
 

地籍管理システム


誰もが見ただけで操作がイメージできるよう判り易いメニュー構成となっており,初めての方でもすぐにお使いいただけます。
新国土庁フォーマット(地籍フォーマット2000)の入出力及び旧国土庁フォーマットやSIMAデータの取込みができ,地籍データの恒久的な活用が図れます。
権利内容の異動に伴う地籍簿の更新が簡単に行え,変更内容は履歴情報として保存されます。地籍図の分筆では座標値入力又はスキャナによる地籍図の取込みにより手軽に更新できます。
情報公開用の窓口閲覧ツールもございます。  
地籍管理システム
 

住居表示システム


街区ごとの住居表示を管理し、住居表示の申請受付から発行/閲覧を行うためのパッケージです。
申請に伴う、建物形状等の作成/変更も可能です。また、住居表示図を基図として、他の情報を別レイヤーに重ねて表示することも可能となっております。
住居表示システム

このページのトップへ ▲


動作環境

OS : Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 (32bit/64bit)

CPU : OSが快適に動作する性能(Intel Corei5 3GHz 以上を推奨します)

メモリ : 1GB以上 (4GB 以上を推奨します)

グラフィック : Intel HDグラフィックス3000相当以上を推奨(画面表示スピードに影響あるため)

ハードディスク : 200MB以上(図面保管に必要な容量により増加)

モニタ : 17インチ,解像度1280×1024以上を推奨(環境に合わせてカスタマイズ可能です)

ネットワーク : セキュリティや図面管理方法を考慮し、最適なシステム環境をご提案します

 
  Copyright©2010 Tohochikeisha Corp. All Rights Reserved.