タイトルイメージ 本文へジャンプ

(株)東邦地形社HPトップ

統合道路情報システム
(IRIS Series)

システムの特徴

本システムは、図面閲覧業務用システムとして、「窓口業務の負担軽減、閲覧利用者の待ち時間短縮」を目的としたものです。システムの導入によって、職員様には専門的な技術的指導・助言に専念できる等の副次的な効果を上げることができます。

閲覧対象は、境界図/区域図/路線番号/公共基準点/道路台帳平面図/区有通路平面図となっています。


統合道路情報システム

IRISパッケージ

機能概略

○システム構成

本システムは、4つのツール(閲覧/マスタ管理/内部管理/環境設定)にて構成されております。

1.閲覧ツール

タッチパネルモニタを使用した、各種図面の閲覧機能を持たせたツールです。

表示された索引から対象図面を選択することで、図面の表示/印刷が可能です。

表示/印刷機能


2.マスタ管理ツール

閲覧ツールや内部管理ツールで使用する各索引図の編集機能を持たせています。
このツールで更新したデータは各端末に送ることができるので、リアルタイムなデータ更新作業が可能となります。

3.内部管理ツール

閲覧対象外となっている内部資料の図面印刷や検索方法に対して、機能拡張した職員様向け高機能図面検索/印刷ツールとなっています。

4.環境設定ツール

閲覧ツール/マスタ管理ツール/内部管理ツールに関して、利用者自身で各種設定・変更を行うことが出来ます。

○検索工程

図面の対象地域を表示する際に、住所もしくは地図から検索することができます。

住所検索 町名選択
対象地域の町名一覧が表示されます。
「町名」ボタンをタッチすると、丁目選択画面へ移行します。
町名選択 for 統合道路情報システム
丁目選択
選択された町名の丁目一覧が表示されます。
「丁目」ボタンをタッチすると、番地入力画面へ移行します。
丁目選択 for 統合道路情報システム
番地入力
番地をテンキーで入力し、「決定」ボタンをタッチすると、指定した住所の住宅地図画面へ移行します。
番地入力 for 統合道路情報システム
地図検索 地図町名選択
対象地域の全体図が町名で分割されて表示されます。
町名をタッチすると地図丁目選択画面へ移行します。
地図検索町名選択 for 統合道路情報システム
地図丁目選択
選択された町名を中心に、丁目で分割された地図が表示されます。
丁目をタッチすると、指定した住所の住宅地図画面へ移行します。
地図検索丁目選択 for 統合道路情報システム

※ 表示されている画面サンプルは、実データとは異なります。

このページのトップへ ▲


検索画面例

◆ 町名選択画面

住所で検索する際の「町名選択」画面であり、地図検索への入り口でもある画面です。
本画面で、町名ボタンをタッチすると丁目を選択する画面へ移行します。また、「地図検索」ボタンをタッチすると、「地図町名選択」画面へ移行します。

町名選択画面


◆ 丁目選択画面

町名選択画面にて選択した町名にある丁目が選択可能となっています。
丁目ボタンをタッチすることで「番地入力」画面へ移行します。

丁目選択画面


◆ 番地入力画面

番地を入力する画面です。
番地が不明な場合は、そのまま確定すれば自動的に1番を選択します。
本画面にて番地を入力し、「決定」ボタンをタッチすることで指定エリアの住宅地図が表示されます。

番地入力画面


◆ 地図町名選択画面

正確な住所が不明な場合に使用する検索方法です。大まかな位置を地図表示から選択が可能となっています。
本画面では対象地域の町名での分割画面となっており、町名をタッチすることで「地図丁目選択」画面へ移行します。

地図町名選択画面


◆ 地図丁目選択画面

地図町名選択画面から移行する画面で、丁目を地図上で指定できます。
丁目をタッチすると住宅地図が表示されます。

地図丁目選択画面


◆ 番号検索画面

マスタ管理ツールや内部管理ツールで使用される検索方法で、図面等の登録名称で索引図を検索します。
編集対象の検索が効率化できます。

番号検索画面


◆ 索引検索画面

内部管理ツールで使用される検索方法で、視覚的に必要な図面を検索するのに便利な検索方法です。住宅地図と重ねて表示することも可能です。
各種図面種別ごとに作成します。

索引検索画面


※ 表示されている画面サンプルは、実データとは異なります。

このページのトップへ ▲


閲覧ツール画面例

◆ トップ(起動)画面

起動時の画面であり、スタンバイ画面として機能します。
他の画面において設定した一定時間操作をしなかった場合、自動的に本画面へ戻ります。

起動画面


◆ 図面選択画面

検索された地域の住宅地図を表示して、調査箇所を確認する画面です。
右側には閲覧対象の「図面選択」ボタンが配置されていますので、タッチすることで各図面(索引)が表示されます。

図面選択画面


◆ 道路台帳平面図表示画面

「道路台帳平面図」ボタンをタッチすると表示される画面です。
本来メッシュ単位の道路台帳平面図を閲覧用に一枚に貼り合せ編集してありますので、スクロールしながら全体を確認することができます。

道路台帳平面図表示画面


◆ 境界確定索引図表示画面

「境界図・区域図」ボタンをタッチすると表示される画面です。
境界図および区域図の索引が住宅地図上に表示されており、索引をタッチすることで必要な境界図・区域図の名称を確認でき、図面の閲覧/印刷が可能となっています。
索引を選択した際、近隣の索引を最大5つまでリストアップしますので、リストから選択して図面を確認することも可能です。

境界確定索引図表示画面


◆ 路線番号索引図表示画面

「路線番号」ボタンをタッチすると表示される画面です。
路線の起点・終点が住宅地図上に表示されますので、調べたい路線をタッチすることで路線番号を確認することができます。
また、各路線は種別ごとに色分けしてあります。

路線番号索引図表示画面


◆ 公共基準点索引図表示画面

「公共基準点」ボタンをタッチすると表示される画面です。
公共基準点のマークが住宅地図上に表示されますので、タッチすることで公共基準点の名称が確認でき、点の記・成果表の閲覧/印刷が可能となっています。
また、公共基準点は種別ごとに異なるマークを配置しています。

公共基準点索引図表示画面


※ 表示されている画面サンプルは、実データとは異なります。

このページのトップへ ▲


マスタ管理ツール画面例

◆ メニュー画面(起動画面)

マスタ管理ツールのメニュー画面です。編集対象ボタンをクリックすることで、索引図の編集ができます。
それぞれ、「住所検索/地図検索/番号検索」の工程を経由して「編集画面」へ移行します。
また、ログの管理や図面のコピーもこのメニューからそれぞれの画面へ移行します。

メニュー画面(起動画面)


◆ 編集画面

各索引図の編集画面です。
線/エリア/文字の描画および属性の登録、図面とのリンクが可能となっています。

編集画面


◆ ログ管理画面

マスタ管理での編集履歴ログの表示/印刷を行う画面です。

ログ管理画面


◆ 図面コピー画面

マスタ管理で編集した索引および追加した図面を閲覧端末へコピーするための画面です。

図面コピー画面


※ 表示されている画面サンプルは、実データとは異なります。

このページのトップへ ▲


内部管理ツール画面例

◆ 内部管理ツール画面

内部管理ツールの検索工程「住所検索/地図検索/番号検索」を経由して表示される画面です。
閲覧ツールの図面選択機能に内部管理図面用の機能を追加しています。背景図は住宅地図のほか、道路台帳平面図に切り替えが可能です。

内部管理ツール画面


◆ 図面表示画面

境界図や区域図、点の記・成果表を表示する画面です。
閲覧ツールの表示機能と同じですが、表示する図面により、A3ノンスケール印刷/原寸印刷/表示画面原寸印刷等、印刷の機能が変わります。

図面表示画面


◆ 図面一覧表示画面

内部管理ツール画面の「内部管理図面」をクリックしたとき、および索引検索の結果として表示される画面です。
検索された図面はサムネイル画像で一覧できます。「Preview」ボタンをクリックすることで、「索引図付図面表示」画面へ移行します。

図面一覧表示画面


◆ 索引付図面表示画面

サムネイルの図面を個別に表示させ、内容を確認する画面です。
図面表示画面に、図面が登録されている索引図を、追加表示しています。
索引図描画部分については、拡大/縮小/移動/回転の機能がありますので、図面の表示に合わせて索引図を参照できます。

索引付図面表示画面



◆ 一括印刷画面

境界確定図を一括印刷する画面です。
表示された境界確定索引図より、複数選択が可能で、選択した図面が一覧表に登録されます。
図面ごとに、A3/原寸/印の有無/部数等を設定し、一括印刷することが可能となっています。

一括印刷画面


◆ 道路幅員証明発行画面

来庁者の申請による、道路幅員証明書を発行する画面です。
住所を指定することで、対象エリアの道路台帳平面図が表示され、合わせて路線番号索引図が重ね表示可能です。
画面を見ながら、証明書に必要な項目が入力できますので、証明書と添付図面の作成・印刷が可能です。また、証明番号は自動採番により規定フォーマットで印刷されます。

道路幅員証明発行画面


※ 表示されている画面サンプルは、実データとは異なります。

このページのトップへ ▲


利用可能なパソコン

OS : Windows 7 / Windows 8 / Windows 10 (32bit/64bit)

CPU : OSが快適に動作する性能(Intel Corei5 3GHz 以上を推奨します)

メモリ : 1GB以上 (4GB 以上を推奨します)

グラフィック : Intel HDグラフィックス3000相当以上を推奨(画面表示スピードに影響あるため)

ハードディスク : 200MB以上(図面保管に必要な容量により増加)

モニタ : 17インチ,解像度1280×1024以上を推奨(環境に合わせてカスタマイズ可能です)

ネットワーク : セキュリティや図面管理方法を考慮し、最適なシステム環境をご提案します


  Copyright©2010 Tohochikeisha Corp. All Rights Reserved.